I:畳(たたみ)やござの黒カビ_カビ取り侍木材・畳用

I:和室の「畳」のカビ

畳やござに発生するカビは初めホコリ状の粉カビから斑点状に広がり、成長していくと色素を出してシミを作り頑固カビになります。

ホコリ状の粉カビは比較的簡単に除去できますが、頑固カビになると擦ってもシミが取れないので非常に厄介です。

さらにカビは胃液のようなものを出して、素材を溶かしながら菌糸を伸ばすので畳は傷んでしまいます。

このページでは、その「畳(たたみ)」に発生したカビ取り方法と注意点をお伝えしています。

目次

商品をお買い求めされる際はその商品の注意事項や用途も確認ください。



初めにカビを確認する

畳にカビが発生する原因は換気不十分が影響してイ草が水分を吸収してしまうことです。

カーペットや敷布団などが敷いてあると湿気が逃げないので、カビの栄養となって成長します。

畳(たたみ)に発生した黒カビ

その成長する過程でカビは2種類に分けられます。

比較的簡単に取り除けるホコリ状の粉カビ(アオカビや白カビ)から、時間が経つとお掃除が難しくなる頑固カビ(主に黒カビ)に変化していくのです。

ではそのカビの「見分け方」を確認していきましょう。

JUNSENDO

新しい畳ほど水分を保持できるのでアオカビや白カビなどホコリ状の粉カビが発生します。

成長が遅い黒カビは敷布団やカーペットの下など長期間乾燥されなかったときに発生します。

■ホコリ状の粉カビが発生しているとき

カビは成長できる場所に胞子が付くとタンポポのように胞子を作って増殖するので、初めはアオカビや白カビなどホコリ状の粉カビです。

タンポポのように胞子を作る

ただし、この状態はまだ成長途中なので以下画像のように水拭きをすると消えたように見えます。

お掃除する際の注意点は「消えた!」と思っても目に見えない菌糸が残っているので、胞子を飛ばさないように菌糸を除去する必要があります。

粉カビはホコリっぽい見た目をしている
シミを作っていないので水拭きすると消えたように見える

不幸中の幸いで、このカビは比較的簡単に取り除けるので扱いが難しい塩素系カビ取り剤ではなく、非塩素系カビ取り剤で除去可能ですから「A」のページへ移動してください。

A:ホコリ状の粉カビが生えている

A:木材に多いホコリ状の粉カビ/カビ取り侍の選び方と違い

木材、壁紙、畳、小物などに多く見られるホコリ状の粉カビ。(アオカビや白カビ)特徴は白・黒・青緑・茶色などの色で非常にかび臭い。シミを作っていないので水拭きすると消えたように見ます。

目に見ない菌糸が残っているので正しい方法で取り除く必要があります。

しかし、このホコリ状の粉カビが発生していることに気付かず、長期間放置すると強く根をはり色素を出してシミを作ります。

ゴシゴシ擦ってもカビのシミが取れない場合は、頑固カビになっているのでこのまま本ページをご覧ください。

■畳に頑固カビが発生しているとき

水拭きしても取れない場合はカビが根をはって取りにくい頑固カビになってします。

畳に発生した黒カビなどの頑固カビは非常に厄介なので以下をご覧ください。

空気中に浮遊しているカビ胞子

空気中に浮遊していたカビ胞子が付着して水分・栄養・温度の条件が揃うとタンポポのように胞子を作って繁殖することが分かりました。

そして次に胃液のようなもので素材を溶かして菌糸を伸ばして根をはります。

木の枝のように菌糸を伸ばす

その過程で色素を生成して素材を黒・白・青緑・黄色・茶色などに染めます。※特に多いカビは「黒カビ」です。

この胞子・菌糸・色素の3つの条件が揃ったカビが、擦っても取れない頑固カビの正体です。

擦っても取れない頑固カビ
万年床の畳に発生した黒カビ

このカビを除去するには胞子・菌糸を溶かして、色素(シミ)を抜く必要があるので塩素系カビ取り剤を使いますが

色褪せた畳ほど塩素系カビ取り剤に弱いので黄色く変色してしまうことがあります。

色褪せた畳ほど変色しやすい

そのため「畳(たたみ)」にカビが発生している場合は被害が広がらないうちに早期対処した方がいいでしょう。

※新品の畳でも液剤を拭かずに長い時間放置すると変色します。

ご了承いただきたいこと

色褪せた畳の他に畳の縁は布が使われていることが多いので変色しやすいですから注意してください。

畳屋さんに確認するとアルコール除菌を勧められますが、カビのシミは色素なのでアルコールでは取れません。その他は交換しかありません。

放置していると悪化して人体に有害なので畳の交換ができない場合は、たとえシミが残ってもカビ取り剤を使って繁殖をストップしましょう。

※カビの危険な部分は菌糸と胞子なので色素(シミ)自体に害はありません。

■おすすめ商品

ここまで読まれた方はおそらく畳に黒カビなどの頑固カビが発生していると思われます。

畳はカビのシミが残りやすいですが、重要なことはシミが残るよりもカビの異常繁殖を止めることです。

また濃度が高すぎるカビ取り剤を使うと簡単に変色して外観を損ねてしまうので、濃度調整されているカビ取り侍をお選びください。

カビ取り侍液スプレー木材・畳用

カビ取り侍液スプレー木材・畳用 / KZ-LS05T
木材・畳用

まずカビを除去する製品はこちらです。

畳やござはイ草を使っているので高い濃度のカビ取り剤では傷んでしまいます。

カビ取り侍木材・畳用はカビ取り侍の中で一番優しいタイプです。そして残留しやすい成分を極力するくなくして自然分解するように作られています。

優しいタイプなので除去に時間がかかってしまいますが畳を考慮してカビ取りした方が安心です。

仕上げに使う防カビ侍シリーズ

防カビ侍アルコールタイプ / BZ-Y350
アルコール
防カビ侍水性タイプ / BZ-S350
水性タイプ
防カビ侍強力被膜コートタイプ / BZ-MO300
被膜コート

カビ取り侍で対象面のカビを除去しても、換気状況が改善できないとカビてしまいます。

定期的な換気ができない場合はカビの再発を防ぐ防カビ侍を同時にお使いください。

3種類ありますが「除菌作用が欲しい場合はアルコールタイプ」「アルコールが苦手な場所は水性タイプ」「業者のように本格的な防カビ剤が欲しい場合は強力被膜コート」です。

基本的には防カビ侍アルコールタイプで問題ありませんが、広範囲の場合は被膜コートをお選びください。

JUNSENDO

カビ取りにはお掃除で使う「カビ取り剤」と仕上げに使う「防カビ剤」があることを覚えておきましょう。

また弱いカビの場合は酸素系漂白剤でも取れることがあるのでお試しください。そのあとは仕上げに防カビ侍を使いましょう。

■使い方(使用方法)

おすすめ商品が分かったので次は使い方です。

新品の畳は青緑
色褪せた畳は白茶色

畳には青緑の新品畳色褪せた古い畳がありますが、まずは目立たない場所に生えたカビへ液剤を付けて30分ほどパッチテストをしましょう。

すると素材の変色や傷み、カビへの効果を確認できます。※畳の縁は変色しやすいので注意。

●カビ取り掃除の準備

  • カビ取り侍
  • 防カビ侍(湿気が溜まりやすいとき)
  • 絞った雑巾を2枚ほど
  • ビニールラップなど(任意)
  • 歯ブラシなどのナイロンブラシ(任意)
  • 畳周辺の物を移動しておく
  • カビを吸い込まないように換気する

液剤が垂れてもいいようにビニールラップや雑巾を床面に敷いておきましょう。使用箇所以外に液剤が付着したら拭き取ってください。

|カビ取り侍液スプレー木材・畳用
畳(たたみ)へのカビ取り侍の使い方(使用方法)

畳のカビは焦らずゆっくりと除去することを念頭にお掃除しましょう。

  1. 畳にカビ取り侍をかけ過ぎない程度にスプレーします。
  2. そのまま10~30分間ほど放置します。
    • この時点で塩素臭がするので換気しましょう。
    • 畳の目に沿って軽く擦ると効果がアップします。
  3. まだ残っている部分があれば追加でスプレーします。
  4. 1~3を根気強く繰り返すとカビが溶けてシミが抜けます。
  5. カビが綺麗に取れたら軽く絞った雑巾で水拭きします。
    • 水拭きすると変色や傷みをストップできます。
  6. 乾燥すれば自然分解します。

変色や傷みが心配な場合は本製品を2~3倍薄めてお使いください。

ただし薄めても極度な変色を起こさないだけで変色しないわけではありません。

JUNSENDO

当店ではカビ取り剤を使ったあとに「水拭き」を推奨しています。詳しい理由は「水拭きの必要性↗」をご覧ください。

水拭きできない場合の対処方法や危険性も掲載しています。

|防カビ侍シリーズの使い方
畳(たたみ)への防カビ侍の使い方(使用方法)
防カビ侍アルコールタイプを使用している画像

次に防カビ侍の使い方です。防カビ侍は非塩素系なので塩素臭はしません。

一度でもカビが生えた場所は次もカビやすい場所です。浮遊しているカビ胞子が付着して再発しないように防カビ侍で畳を守りましょう。

  1. カビ取り侍を使用した部分を水拭きして完全に乾かします。
    • 水拭きできない場合は24時間以上乾燥させます。
  2. 防カビ侍をムラなくたっぷりとスプレーします。
    • 液剤を均等に吹きかけましょう。
  3. 拭き取らずに乾燥すれば安全です。

これで仕上げの防カビコートは終了です。

防カビ侍強力被膜コートを使う際はバケツ、刷毛(または加圧式噴霧器)が必要ですが、他の2品と比べると圧倒的にカビの発生率が減ります。

防カビ侍強力被膜コートを畳へ使用している画像

詳しくは「被膜コートタイプの使い方↗」をご覧ください。

防カビ侍のポイント

防カビ侍のポイントはムラを作らないようにすることです。ムラがあるとそこからカビが再発します。

防カビ侍を使うときはムラを作らないようにする

そして防カビ侍を使用せず、換気状況も改善できない場合は早くて3~7日間で再発しますので注意してください。

特に畳の場合は黒カビが生えると取り返しがつかないことが多いので、防カビ侍の使用を強くお勧めしています。

防カビ侍を使用しないと早くて7日間ほどで再発する

防カビ侍を詳しく知りたい方は、使うタイミング・使用頻度・安全性が掲載されている「M:カビ予防・対策商品↗」をご覧ください。

JUNSENDO

防カビ侍は、カビ取り侍が自然分解しやすい作りなので効果を発揮できます。他のカビ取り剤では残留量が不明なので、防カビ成分が消耗してしまう場合がありますからご注意ください。

■カビ取りの目安&シミが残ったとき

実際、上記画像のカビを除去するのにかかった時間は30分ほどでした。比較的新しい畳で運よく傷んでいなかったので歯ブラシで擦りながら除去しました。

しかしカビは胃液のようなものを出して菌糸を伸ばしながら「虫食い」のように素材を傷めるので、酷くカビているとシミが残ります。

傷んでしまった畳は綺麗にならない

傷んでしまったものは、いくらカビ取り剤でも綺麗になりません。

また濃度を上げれば素早く除去できることもありますが、風呂場の素材と比べると塩素系洗剤に弱いので代償として素材が白く傷みます。

強いカビ取り剤を使うと畳が傷む

上記の理由からカビ取り掃除の基本は適切な濃度でゆっくりと根気強く除去することなので、目安としてカビが以下「3」の薄い灰色になればカビは除菌されています。

カビの危険な部分は菌糸と胞子なので、残っているシミはカビの色素ですから特に害はありません。

畳のカビ取りの目安
頑固なカビは3の薄い灰色になるまで頑張りましょう

「4」まで綺麗になる条件は素材自体が傷んでいなかったときです。新品と見分けがつかないほど綺麗になるでしょう。

繰り返しますが畳はお風呂場の素材と違うため、シミを取るために無理をすると素材を傷めてしまいます。

黒いシミが残ると見た目が悪いかもしれませんが、カビ取り剤と素材にも限界があるので無理せずお掃除を終わらせることも重要です。

大切なこと

大切なことは生きていないカビのシミを取るよりも、カビの菌糸・胞子の異常繁殖を防ぐことです。傷んだものは戻せません。

カビ毒を出している危険なカビの汚染を阻止できれば、家族や家への悪影響をストップして想定外の出費を回避できるのです。

JUNSENDO

これで「I」の畳(たたみ)のカビ取りとカビ防止のお掃除は終了です。数万円の交換費用を数千円で抑えられました。

頑固なカビでも「カビ取り侍+防カビ侍+換気状況改善」で徹底的にカビ対策・カビ予防をすればカビが生えてこなくなることもあります。

畳のカビでご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

注意点を確認する

■色褪せた畳は変色しやすい

畳の縁は色柄物製品である布が使われていることが多いので変色しますが、その他にも以下を注意してください。

新品の青緑色のイ草畳
色褪せたイ草畳

新品の青々としたイ草畳は長い時間放置しなければ変色しにくいですが、劣化した白茶色の畳はすぐに黄変するので注意してください。

畳が変色したときの画像

そのため畳の場合は長時間の放置をせず「スプレー→5~10分程度放置→水拭き」を根気強く繰り返しますが、この方法でも変色しないわけではありません。

さらにカビが胃液のようなものを出して畳を虫食いのように傷めるので、カビが除去されると薄っすらと白くなることもあります。

畳が白く変色することもあります

このように畳のカビ取りは難しいですが、このシミはカビが生きているわけではありません。

カビ取り侍かかると20分もすればカビ自体は除菌されています。

ただし塩素系カビ取り剤を使いたくないという方もいらっしゃいますので以下の「変色を避けたい場合↓」を参考にしてください。

JUNSENDO

繰り返しとなってしまいますが傷んでしまったものは新品のように綺麗にはなりません。

大切なことは、生きていないカビのシミを取るよりもカビが異常繁殖して被害が広がることを防ぐことです。

■畳の裏側に原因があることも…

畳上げをしたときの画像

畳の溝にマイナスドライバー(または平たく長い物)を入れ込み、テコの原理で持ち上げることができます。

畳の床下は木材になっているのでここにカビが発生していると、いくら表面のカビを取り除いても再発してしまいます。

畳の床下に黒カビが発生

畳の裏は専門業者に任せることが一番ですが、ご自身でカビ取り掃除する場合は「畳を戻すとき」に注意してください。

微妙にサイズが異なるので間違えると戻せなくなってしまいます。

JUNSENDO

このように畳で隠れるような場所は無理にシミを取ろうとせず、アルコール除菌剤(濃度70%以上)を使って除菌します。

乾燥させた後に防カビ侍強力被膜コートを床下・畳の裏・畳の表に使ってカビの発生を防止しましょう。

※アルコールのみでは抗菌作用がないのでカビが再発してしまいます。

■こちらはカビではありません

当店に「畳の青カビが取れません」と問い合わせがある内容に一つです。

畳の青緑

畳に置いてあったタンス等の家具を移動すると、青緑になっていることがありますがこちらはアオカビではありません。

畳は日光や空気など様々なことが引き金となって色褪せますが、タンスが置いてあったことで色褪せなかったのです。

畳の色褪せていない部分

このカビではない部分にカビ取り剤をスプレーすると、思わぬ変色が起こってしまうので注意しましょう。

もしアオカビだった場合はとてもかび臭く、水拭きすると土埃を拭いたときのように汚れが取れます。

この場合はは「A:ホコリ状の粉カビ↗」の使い方を参考にしてください。

JUNSENDO

当店に取り扱いはありませんが、畳の色を染める商品が販売されているので気になる場合は畳の塗料を使うといいでしょう。

■水拭きの必要性

水拭きの必要性についてはこちらの記事に詳しく掲載していますのでご覧ください。

水拭きの必要性
水拭きの必要性

結論からお伝えすると当店は水拭きを推奨しています。

その理由は分解されなかったカビのカスやチリ・ホコリ・ダニなどが対象面に残っているからです。この残った埃を放置すると、いずれカビのエサになり、カビが再発してしまいます。

■変色を避けたい場合

頑固カビのシミを取るには「塩素系カビ取り剤」が必要とお伝えしましたが、畳は状態によって変色や傷みが伴います。

しかしカビは生き物なので放置していると徐々に広がってしまいますから、いずれは対処しないといけません。

何も対処しないとこの黒い部分が広がっていく

このように酷くカビた場所で変色を避けたい場合は、カビを取るよりもこれ以上カビを増やさない」という考え方が必要です。

カビは菌糸と胞子で増えていき、その過程で色素(シミ)を作るので、悪臭の原因にもなる危険な「菌糸」と「胞子」を除去する必要があります。

身の危険を感じるほどの悪臭
カビを吸い過ぎるとアレルギーになる恐れ

そのため当店がご提案できるカビを増やさない方法は、カビ取り侍非塩素タイプ+防カビ侍アルコールタイプを使うというやり方です。

両方とも非塩素タイプなのでカビの色素(シミ)は一切取れません。

カビ取り侍液スプレー非塩素タイプ / KZ-KABI500
防カビ侍アルコールタイプ / BZ-Y350

しかしカビの危険な部分は菌糸と胞子なので色素(シミ)が残っても特に害はありません。

以下の画像はシミを取らずにカビを除菌して、繁殖を防止したのでカビ汚染をストップできました。

カビを除菌したのでこれ以上広がらない

繰り返しますが、塩素系カビ取り剤が使えない、または避けたい素材で大切なことは「これ以上増やさないこと」です。

カビ取り侍非塩素タイプで「菌糸・胞子」を除菌して、防カビ侍で「カビの成長を防止」すれば、シミが取れなくてもカビの異常繁殖はストップできるというメリットがあります。

つまりシミを残して、カビの生きている部分だけを除菌・防止するという考え方です。

使い方は「A:ホコリ状の粉カビ→使い方(使用方法)↗」に掲載されている通りにお使いください。

JUNSENDO

畳の全面交換は5万円以上の費用がかかることがありますので、この方法でカビの成長を抑えれば全面交換を避けられるかもしれません。

大切なことは「これ以上増やさないこと」なので、まずは応急処置としてカビの汚染を止めましょう。

カビがまだ小さくて目立たないときに役立つ方法なのでご検討ください。

■不安な場合は質問する

いかがでしたでしょうか。当店の選び方と違いはあなたのカビ問題解決のヒントになりましたでしょうか。

当店はこのカビに特化した知識と経験でエアコンクリーニング、浴室クリーニング、風呂釜洗浄のカビ取り・防カビハウスクリーニングを提供しています。

この「カビ取り侍の選び方と違い」は日々更新して新しい情報を発信していますので、カビにお困りとなった際はいつでもご覧ください。

「I」ではない場合、スマートフォンからは画面左上のメニューバーから、PC画面の場合は最下部から調べることができます。

カビの問題は十人十色

プロに質問することでしか得られない
詳しい情報やアドバイスがります。

クーポンを発行しています

当店をご覧になったお客様限定で、純閃堂公式ネットショップで使える20%OFFクーポンを配布しています。3,500円以上のお買い物をされる場合は大手ECショップよりもお得です。※クーポンの詳細はこちら

■before、afterを参考にする

カーペット下の畳に発生した黒カビ

部屋がかび臭いためカーペットをめくると大量の黒カビが発生していました。頑固にカビていたのでカビ取り侍を使ったところ無事に除去できました。カビによって畳が傷んでいたので畳が多少白くなってしまいましたが、これでカビによる汚染の悪化を止めることができました。

カビの再発を防ぐために、仕上げとして防カビ侍を使いました。

畳とカーペットの間に大量の黒カビが発生_before
多少畳が白くなってしまったが綺麗に除去・消臭_after
畳に発生したホコリ状の粉カビ

まだシミを作っていないホコリ状の粉カビです。特徴として水拭きをすると消えたように見えますが、まだ菌糸が残っているので非塩素系カビ取り剤で除去で除去しましょう。本ページではなく「A:ホコリ状の粉カビ↗」をご覧ください。

※水拭きのみではカビの胞子が奥まで移動してしまうで避けてください。

畳にアオカビが発生していたのでカビ取り侍で除去・退治_before
アオカビを殺菌・除去したあとに防カビ侍で防カビコートしました_after
窓の木枠に面している畳に発生した黒カビ

結露する窓の木枠に黒カビと灰汁汚れ、さらに畳には頑固な黒カビが発生しています。ここまで悪化するとカビの菌糸で畳は傷んでいるので、カビ取り剤を使うと画像のように薄っすら色が抜けてしまいます。しかしカビを放置すると悪化するのでカビ取りを優先した方がいいでしょう。

木材部分については「H」のページで説明しています。詳しくはこちら↗

傷んでいる畳にカビ取り剤を使った画像_before
カビは取れたが白くなってしまった畳_after