D:レースカーテン/マットレス/敷布団/カーテンの黒カビ_カビ取り侍標準タイプ

D:カーテン 敷布団 シーツ
など繊維に発生した黒カビ

この「D」のカビは湿気が多い場所に斑点状に繁殖する黒カビで、ゴシゴシ擦っても取れない「B」掲載の頑固カビです。

お風呂に発生する黒カビに似ていて、アルコール除菌剤で擦ってもシミが取れません。

このカビはマットレス、敷布団、カーテン、カーペットなどに付着している皮脂・汗・ホコリなどの栄養分を、水分を使って体内に吸収するので長期間洗濯をしなかったときに発生します。

こちらのページでは、その布生地製品に発生した頑固な黒カビを取る方法と注意点を掲載しています。

目次

商品をお買い求めされる際はその商品の注意事項や用途も確認ください。



■適切な洗剤を選ぶ

初めに適切な洗剤の探し方をご紹介します。

カビは「胞子」と「菌糸」でタンポポのように成長してホコリ状の粉カビに変化します。目に見えるほど育つと非常にかび臭さを感じます。

カビはタンポポのように胞子を作る
胞子が多くなると人間の目でも見える

そして強く根をはりながら「色素」を出して自身を染めます。(この時点でアレルギー認定される危険な状態です)

ミカンには青緑のカビ、お風呂のゴムパッキンには黒カビというようにそのカビが出す色素は様々ですが、その色素は素材自体も染めてしまうので非常に厄介です。

ミカンに発生したアオカビ
タイル目地に発生した黒カビ

この色素沈着をカビのシミ汚れといい、以下のようにゴシゴシ擦っても取れないので「B」で説明している頑固カビに該当します。

この中で特に人体や家に悪影響を及ぼす部分は成長する「菌糸」と「胞子」なので覚えておきましょう。

次にこの頑固カビにアルコール除菌剤を使った人はご存じかもしれませんが、擦っても取れないのでお困りのことと思います。

擦っても取れない黒カビ

中途半端な除菌剤を使うと残ったカビが自分を守るため、より強くなろうとするので「前よりも落ちない」という事態になります。

そのためこの頑固カビを取るには菌糸・胞子・色素(シミ)の3つを十分に取り除ける洗剤が必要なのです。

塩素系カビ取り剤なら黒カビのシミも除去できる

上記画像を参考にすると、アルコールだけでは①までが限界です。

不十分な除去方法なので③まで綺麗にして人体に有害な菌糸・胞子を残さないようにしなければいけません。

適切な洗剤の結果

結果、頑固カビを取るには菌糸・胞子・色素(シミ)の3つを除去しないと綺麗にならないので「菌糸・胞子を溶かして(分解)」「色素(シミ)を抜く(漂白)」作用を1本で済ませることができる塩素系カビ取り剤が必要です。

カビ取り剤以外の方法はある?

カビ取り剤以外の方法は、町のクリーニング屋さんに相談する方法がありますが基本的に「カビは取れません」と言われてしまいます。

家具屋さんに相談をしても買い替えを勧められるでしょう。

クリーニング屋さんはカビ取りをしない

しかしカビのために大きなカーテン・敷布団・マットレスなどを買い替えするとなると、廃棄や配送など大きな手間と費用がかかります。

物によっては合計5万円以上かかる場合がありますし、買い替えてもカビが再発しないわけではありません。

買い替えると大きな出費が発生する

そのため買い替えを控えたい場合は、カビ汚染が拡大するのを防ぐために塩素系カビ取り剤を使うしかありません。

ご了承いただきたいこと

色柄物製品・マットレス内部のウレタンクッションは変色します。頑固なカビは分解+漂白が必要なので塩素系カビ取り剤を使いますが変色してしまいます。

塩素系なので色柄物製品は変色する恐れ

また100%天然繊維素材に使用するとカビ取り剤の強い作用で繊維が傷む恐れがあります。

しかし両方に共通して言えることは、カビを放置していると悪化して人体に有害なので変色や傷みよりもカビ取りを優先したいときにお使いください。

ただし塩素系カビ取り剤を使わず、除菌と防止だけする方法も掲載しています。

カビのシミは取れませんが、ご興味がございましたら本ページの「変色を避けたい場合↗」をご覧ください。

■おすすめ商品

アルコール除菌剤では取れないことが分かりましたので続いてカビ取り剤をご紹介します。

まず、弱いカビの場合は過炭酸ナトリウムやオキシドールでも取れることがあるのでお試しください。

しかしそれでもカビのシミが取れない場合は、分解・漂白作用が強い塩素系カビ取り剤を使いください。

カビ取り侍液スプレーシリーズ

カビ取り侍液スプレー標準タイプ
標準タイプ
カビ取り侍液スプレー木材・畳用
木材・畳用

まずカビを除去する製品はこちらです。

基本的には「標準タイプ」で問題ありませんが、マイルドにカビ取りしたい場合はカビ取り侍の中で一番優しい「木材・畳用」をお使いください。※マイルドは除去に時間がかかります。

カビ取り侍は成分が自然分解しやすいように泡立ちを少なくしたカビ取り剤です。お風呂のカビ取り剤のように泡スプレーではなくミストスプレーです。

濃度が高すぎるカビ取り剤では繊維が傷む恐れがありますので、濃度調整された「カビ取り侍」を使って落とします。

カビ取り侍木材・畳用は文字通り「木材と畳」用に濃度調整されているので取扱説明書等には布生地製品への使用方法は記載されていません。

仕上げに使う防カビ侍シリーズ

防カビ侍アルコールタイプ
アルコールタイプ
防カビ侍水性タイプ
水性タイプ

カビ取り侍で対象面のカビを除去しても、また湿気が溜まる場所に配置するとカビてしまいます。

カビ予防(定期的な換気)ができない場合はカビの再発を防ぐ防カビ侍を同時にお使いください。

2種類ありますが「除菌作用が欲しい場合はアルコールタイプ」「アルコールが苦手な場所は水性タイプ」です。

基本的には防カビ侍アルコールタイプで問題ありませんが、アルコールが苦手な方は無臭の「水性タイプ」をお選びください。

JUNSENDO

カビ取りにはお掃除で使う「カビ取り剤」と仕上げに使う「防カビ剤」があることを覚えておきましょう。

■使い方(使用方法)

使用するカビ取り剤が分かったので次は使い方です。

初めにマットレスや敷布団のシーツ(またはカバー)がカビている場合はシーツを取り外してください。

シーツを付けたまま使うと、内部のクッション材が変色する場合があります。外せない場合はかけ過ぎないようにしましょう。

シーツを取り外してからカビ取り剤を使う

続いて目立たない場所に生えたカビへ液剤を付けて30分ほどパッチテストをすると、素材の変色や傷み、カビへの効果を確認できます。

液剤が垂れてもいいようにビニールラップや雑巾を床面に敷いておきましょう。

●カビ取りの準備

  • カビ取り侍
  • 防カビ侍(湿気が溜まりやすいとき)
  • 絞った雑巾を2枚ほど
  • ビニールラップなど(任意)
  • 歯ブラシなどのナイロンブラシ(任意)
  • カビを吸い込まないように換気する

カーテンなど取り外しできるものは変色しにくい浴室などに移動してからカビ取りしましょう。

|カビ取り侍液スプレーの使い方

標準タイプ、木材・畳用共に使用方法は同じです。

画像のマットレスはカバーが取り外せなかったため、様子を見ながらカビ取りをして40分ほどで除去できました。

カビ取り侍の使い方(マットレス・敷布団・レースカーテン)
  1. カビ取り侍をかけ過ぎない程度にスプレーします。
  2. そのまま10~30分間ほど放置します。すると黒いカビがグレー→黄色に変化します。
    • この時点で塩素臭がするので換気しましょう。
  3. まだ残っている部分があれば追加で少しスプレーします。
    • 頑固な場合は歯ブラシなどで優しく擦ってみましょう。
  4. 1~3を根気強く繰り返すとカビが溶けてシミが抜けます。
  5. カビか綺麗に取れたら軽く絞った雑巾で水拭きします。
    • 水拭きすると塩素臭が消えやすくなります。
  6. 乾燥すれば自然分解します。

変色が心配な場合は「標準タイプを2~3倍」「木材・畳用を2倍」に薄めて使いましょう。

ただし薄めても極度な変色を起こさないだけで変色しないわけではありません。

カビ取り侍のポイント

「かけ過ぎない程度」と記載していますが、たっぷりスプレーすると生地が傷んだり塩素臭が消えなくなります。

そのため「3」の追加スプレーするときも「ちょっと少ないかな?」程度がお勧めです。

カビ取り掃除のポイントは成分が効くまで時間をかけて、ゆっくりと根気強く待つことです。

JUNSENDO

当店ではカビ取り剤を使ったあとに「水拭き」を推奨しています。詳しい理由は「水拭きの必要性↗」をご覧ください。

水拭きできない場合の対処方法も掲載しています。

洗濯機に入るものは洗濯してカビ取り成分やカビの予備軍を洗い流してしまいましょう。

|防カビ侍シリーズの使い方

次に防カビ侍の使い方です。非塩素系なので塩素臭はしません。

一度でもカビが生えた場所は次もカビやすい場所です。浮遊しているカビ胞子が付着して再発しないように防カビ侍で布生地製品を守りましょう。

防カビ侍の使い方(敷布団、カーテン、マットレス)
  1. カビ取り侍を使用した部分を完全に乾かします。
  2. 防カビ侍をムラなくたっぷりとスプレーします。
  3. 拭き取らず乾燥すれば安全です。

これで仕上げの防カビコートは終了です。

防カビ侍のポイント

防カビ侍のポイントはムラを作らないようにすることです。ムラがあるとそこからカビが再発します。

防カビ侍はムラを作らないように使う

そして防カビ侍を使用せず、換気状況も改善できない場合にマットレスやカーテンを戻しても数ヶ月すると黒カビが発生します。

ムラがあるとカビが再発します

防カビ侍を詳しく知りたい方は、使うタイミング・使用頻度・安全性が掲載されている「M:カビ予防・対策商品↗」をご覧ください。

防カビ成分を取りたいときは水またはアルコールで簡単に取り除けるので安心です。

JUNSENDO

防カビ侍は、カビ取り侍が自然分解しやすい作りなので効果を発揮できます。他のカビ取り剤では残留量が不明なので、防カビ成分が消耗してしまう場合がありますからご注意ください。

■カビ取りの目安&シミが残ったとき

実際、上記画像のカビを除去するのにかかった時間は40分ほどでした。運よく繊維の傷みが酷くなかったので綺麗になりました。

カビは胃液のようなものを出して菌糸を伸ばしながら「虫食い」のように素材を傷めるので、酷くカビているとシミが残ります。

木の枝のように菌糸を伸ばして素材を溶かす
カビと湿気で傷んだ布

傷んでしまったものは、いくらカビ取り剤でも戻せません。

また濃度を上げれば素早く除去できることもありますが、風呂場の素材と比べると塩素系洗剤に弱いので代償として素材が傷みます。

強いカビ取り剤で溶けた壁紙
強い濃度で変色したプラスチック

上記の理由からカビ取り掃除の基本は適切な濃度でゆっくり根気強く除去することなので、目安としてカビが以下「3」の薄い灰色になればカビは除菌されています。

カビの危険な部分は菌糸と胞子なので、残っているシミはカビの色素ですから特に害はありません。

カビのシミは③まで取れれば菌糸・胞子は除去されている
頑固なカビは3の薄い灰色になるまで頑張りましょう

「4」まで綺麗になる条件は素材自体が傷んでいなかったときです。新品と見分けがつかないほど綺麗になるでしょう。

繰り返しますが繊維製品はお風呂場の素材と違うため、シミを取るために無理をすると素材を傷めてしまいます。

黒いシミが残ると見た目が悪いかもしれませんが、カビ取り剤と素材にも限界があるので無理せずお掃除を終わらせることも重要です。

大切なこと

大切なことはカビのシミを取るよりも、カビの成長する部分である「菌糸・胞子の異常繁殖」を防ぐことです。傷んでしまうと戻せません。

カビ毒を出している危険なカビの汚染を阻止できれば、家や人体への悪影響をストップして想定外の出費を回避できるのです。

JUNSENDO

これで「D」の布生地製品のカビ取りとカビ防止掃除は終了です。数万円の出費を数千円で抑えられました。

頑固なカビでも「カビ取り侍+防カビ侍+換気状況改善」で徹底的にカビ対策・カビ予防をすればカビが生えてこなくなることもあります。

ご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

注意点を確認する

■色柄物製品には使用できません

冒頭で頑固な黒カビを取るには胞子・菌糸・色素の3つを取り除く必要があるので塩素系カビ取り剤になりますが、カビの色素(シミ)を取るのと同時に色まで抜けてしまうので色柄物製品への使用はできません。

塩素系カビ取り剤なので色柄物製品に使うと変色・脱色する

例えば黒色は赤~薄いオレンジ、ベージュは白っぽく変色するでしょう。

しかしカビを放置していると汚染が広がって胞子を飛ばしながら悪臭を出し、そのカビ臭にダニが誘発されるのでアレルギーの危険性が高まります。

カビの悪臭は身の危険を感じる
カビが増え続けるとアレルギーになる

クリーニング店でも「カビのシミ取り」は断られてしまうことが多いので、変色よりも家族の健康のためにカビ取りを優先する場合はお使いください。

■マットレスや敷布団の変色

こちらは商品説明欄にも掲載されている注意点です。

使用方法に記載されているとおり「かけ過ぎてしまう」とさらに悪化するので注意してください。

カバー・シーツが取り外せない場合は以下の注意点を確認してお客様のご判断でお使いください。

ウレタンクッションの変色
ウレタンクッション材の変色

マットレス内部のウレタン素材に使用すると必ず黄変します。これは材質的に避けられません。

しかしカビを取るには買い替えかカビ取り剤しかありませんので、「シーツで隠れるから気にならない」という場合はお使いください。

マットレスや敷布団の変色
敷布団の変色

マットレスや敷布団は大型なので定期的な洗濯ができません。すると皮脂や汗が蓄積していきますが外見では汚れているか判断できません。

そこに汚れを溶かす作用があるカビ取り剤やアルコールを使うと、今まで溜まっていた汚れが一度に溶けだしてカバーに汚れ移りを起こしてしまいます。

赤く変色する
化学成分による繊維の変色

日焼け止め剤に含まれている成分がシーツに付着していたり、シーツに蛍光増白剤が含まれていると、日焼け止めは赤、蛍光増白剤は紫に変色します。

クレンジング剤で落ちることもありますが、両方ともカビのエサになる成分なのでご注意ください。

シーツを取り外した方が変色リスクが減る

上記のようにカビ以外の目に見えない汚れが影響して変色してしまうので、変色を避けるにはシーツを取り外して使用した方がいいでしょう。

またマットレス・敷布団の内部素材がカビている場合は必ず変色してしまいますが、カビを放置していると悪化するのでお客様のご判断となります。

JUNSENDO

布製品が黄色くなる現象は、次亜塩素酸ナトリウムが汗や化粧品と化学反応を起こして「塩素焼け」という状態になっています。

シャツの首回りが黄色や茶色になる現象と同じです。害はありませんが、汚れが蓄積しているとこの変色が起こります。

シーツ等の塩素焼けは還元系漂白剤で戻る場合がありますのでお試しください。

■布生地の洗濯表示について

漂白の洗濯表示

敷布団やマットレスにはタグが付いていて洗濯方法がマークで表記されています。

その中に漂白というマークがあり、生地を塩素系漂白剤で白くすることができる素材かをマークで表記しています。

洗濯表示早見表

引用元:家庭用品品質表示法「新しい洗濯表示」

カビ取り剤も塩素系漂白剤の部類なのですが、カビが生えやすい生地のほとんどに漂白が「×」と記載されてしまっています。

そのため製造メーカーに確認すると「改善方法がないため自己責任でカビ取り剤を使うか、買い替えてください」と言われます。

買い替えると大きな出費が発生

本当は製造メーカーも老舗ホテル等が採用しているしみ抜き技術で取れることを知っていますが、技術が必要なので一般ではその薬品を購入できません。

それほどカビは厄介で取り除く選択肢が少ないので、カビのために買い替えることができない場合はカビ取り侍を使うかご判断ください。

JUNSENDO

また買い替えたとしても空気中に浮遊しているカビ胞子が原因で発生したということを忘れてはいけません。

部屋の換気状況が改善していないままだと、次のカビが再発してしまうので予防・対策として防カビ侍をお使いください。

■塩素臭を早く消すとき

カビ取り侍をかけ過ぎてしまうと、マットレスや敷布団の奥まで成分が浸透してしまうので塩素の臭さがなかなか消えません。

洗濯機に入らないものは使い方(使用方法)に記載されている通り「かけ過ぎないようにスプレー」してください。

カビ取り侍が垂れるほどにスプレーしたので塩素ガスが発生

塩素臭がする理由は「敷布団の内部にカビやダニが残っているとき」「皮脂や汗の汚れに反応しているとき」に発生します。

特に汚れが多いと塩素臭の原因成分である次亜塩素酸ナトリウムのpH値が下がるので、安定性が崩れて塩素臭が発生するのです。

よって早く消す方法は以下の5つです。


  • 洗濯機に入るものは洗濯する
  • 水拭きをして、成分が蒸発しやすいようにする。
  • 冷水ではなく温水(40℃以上)で拭いて蒸発を早める。
  • 水拭きしたのち、直射日光に当てる。
  • 扇風機などを当てて素早く乾かす。
  • プロ向け:500~1000倍に薄めたクエン酸で中和する。

塩素臭を対策するポイント

結果、塩素臭を素早く消す方法は水分を付けてたくさん蒸発させることです。上記をお試しいただければ長くても3日間ほどで消えるでしょう。

安全の目安としてプールの塩素臭ほどになれば安全とお考え下さい。さらに詳しく知りたい方は「水拭きの必要性↗」をご覧ください。

この中で塩素臭を素早く消臭できるものはクエン酸ですが、「まぜるな危険」に記載されている通り危険なのでプロ専用です。

JUNSENDO

カビ取り掃除のあとに水拭きをしないということは、食器洗いの泡を洗い流さずに乾燥していることと同じです。

その残ったカスは「カビの栄養」となるので次のカビが生えやすくなってしまいます。

■変色を避けたい場合

頑固カビのシミを取るには「塩素系カビ取り剤」が必要とお伝えしましたが、色柄物製品や天然繊維は変色や傷みが伴います。

しかしカビは生き物なので放置していると徐々に汚染が広がりますから、いずれは対処しないといけません。

カビを放置すると広がってしまう
色柄物製品に使うと変色する

このような場合はシミを取るよりもこれ以上カビを増やさない」という考え方が必要です。

カビは菌糸と胞子で増えていき、その過程で色素(シミ)を作るので、アレルギーの原因となる「菌糸」と「胞子」を除去する必要があります。

カビを吸い続けるとアレルギーになる恐れがあります

そのため当店がご提案できるカビを増やさない方法は、カビ取り侍非塩素タイプ+防カビ侍アルコールタイプを使うというやり方です。

両方とも非塩素タイプなので以下画像のようにカビの色素(シミ)は一切取れません。

カビ取り侍液スプレー非塩素タイプ
カビ取り侍非塩素タイプ
防カビ侍アルコールタイプ
防カビ侍アルコールタイプ

しかしカビの危険な部分は菌糸と胞子なので色素(シミ)が残っても特に害はありません。

以下の画像はシミを取らずにカビを除菌して、繁殖を防止したのでカビ汚染を年単位でストップできました。

塩素系カビ取り剤が使えない場合は塩素系ではない洗剤を使う

繰り返しますが、塩素系カビ取り剤が使えない素材で大切なことは「これ以上増やさないこと」です。

カビ取り侍非塩素タイプで「菌糸・胞子」を除菌して、防カビ侍で「カビの成長を防止」すれば、シミが取れなくてもカビの異常繁殖はストップできるというメリットがあります。

つまりシミを残して、カビの生きている部分だけを除菌・防止するという考え方です。

使い方は「A:ホコリ状の粉カビ→使い方(使用方法)↗」に掲載されている通りにお使いください。

JUNSENDO

塩素系カビ取り剤を使いたくないのに町のクリーニング店でもカビのシミが取れないと言われてしまった場合は、この方法でカビの異常繁殖を阻止しましょう。

部屋のカビは増えるとカビ毒を作るので、大切なことは「これ以上増やさないこと」です。

カビがまだ小さくて目立たないときに役立つ方法なのでご検討ください。

■不安な場合は質問する

いかがでしたでしょうか。当店の選び方と違いはあなたのカビ問題解決のヒントになりましたでしょうか。

当店はこのカビに特化した知識と経験でエアコンクリーニング、浴室クリーニング、風呂釜洗浄のカビ取り・防カビハウスクリーニングを提供しています。

この「カビ取り侍の選び方と違い」は日々更新して新しい情報を発信していますので、カビにお困りとなった際はいつでもご覧ください。

「D」ではない場合、スマートフォンからは画面左上のメニューバーから、PC画面の場合は最下部から調べることができます。

カビの問題は十人十色

プロに質問することでしか得られない
詳しい情報やアドバイスがります。

クーポンを発行しています

当店をご覧になったお客様限定で、純閃堂公式ネットショップで使える20%OFFクーポンを配布しています。3,500円以上のお買い物をされる場合は大手ECショップよりもお得です。※クーポンの詳細はこちら↗

■before、afterを参考にする

マットレスに発生した黒カビ

マットレスの側面を壁紙にピッタリと付けていたことで換気状況が悪くなりカビが発生しました。除去に40分間ほどかかりましたが、カビ取り侍+防カビ侍のコンビで除去しました。防カビ侍の作用により今ではカビが発生していません。

マットレスに発生した黒カビのbefore
マットレスに発生した黒カビのafter
レースカーテンに発生した黒カビ

大きな家具の背面にあり気付きにくかった黒かびです。レースカーテンを外してカビ取り侍を使ったところ、10分も立たずに新品と見間違うほど綺麗になりました。部屋で使うと床材に付く恐れがあったので、浴室の床に広げてカビ取り侍を使いました。

レースカーテンに発生した黒カビのbefore
レースカーテンに発生した黒カビのafter
敷布団に発生した黒カビと黄変

押入れに収納していた敷布団に黒カビが発生しました。クッション材とシーツが一体型だったので黄変しないか心配でしたが、弱いカビだったので10分程度で綺麗にカビ取りできました。塩素臭が心配だったので水拭きしたのち直射日光で乾かしました。

敷布団に発生した黒カビのbefore
敷布団に発生した黒カビのafter