部分的防カビ加工のカビ取りと防カビの説明。カビ取り業者と防カビ業者と特許技術防カビコートPRO

部分的防カビコート
(複数可能)

こちらは防カビコートPROの特許技術で、ベッド、押入れ、畳などを部分的に防カビコートするメニューです。「窓の木枠と珪藻土壁の2個所」など複数個所も対応できます。

こちらは見積にお伺いせず、お送りいただいた写真を見ながらメールまたはお電話でやり取りをします。

※防カビコートの範囲が多い場合は機材の兼ね合いにより見積にお伺いすることがあります。

ご不明な場合は「ご予約・ご相談フォーム」からお気軽にお問い合わせください。

部分的防カビコート(複数可能)

部分的防カビ加工のお掃除方法と料金と費用
基本料金20,000円~
単位箇所追加ごと

※追加オプションは下記からお選びください。※税込表記です。

カビ取り洗浄を追加お見積

※基本料金にカビ取り洗浄は含まれていません。カビが生えている場合は防カビコートの前にカビ取り洗浄が必要なのでオプションのカビ取り洗浄を追加してください。

当店は防カビ専門の会社です

当店は壁紙の張替えやペンキの塗替えなどの修繕は行っていません。

カビによる汚染が酷く交換が必要な場合は事前にお伝えしますのでお気軽に問い合わせください。

カビ取りのみをご希望のお客様はこちら↗

抗菌・防カビの特許技術 / 防カビコートPROをさらに詳しく知る
使用する防カビ剤は特許技術で使われる防カビ剤です。

カビ取り・防カビ研究一筋35年以上の博士が開発した防カビ施工の特許技術「防カビコートPRO」を使用しています。その防カビ期間は食品工場などの劣悪な環境下で平均10年間を記録しています。

この防カビ剤を使ってお客様の大切なものをカビから守ります。また防カビ剤は乾けば安全です。当店の熟練されたスタッフが安全確認をして仕上げますのでご安心ください。

■防カビとは?

カビを取るものではなく、生やさないようにするものを防カビと言います

カビ発生防止・防カビ・坑カビなど様々な言い方がありますがすべて同じです。防カビとはカビの発生を防ぐ技術で、身近なものでは木材塗装、壁紙、ペンキなどに混ざっています。

一度でもカビが生えた場所はカビにとって住みやすいので異常繁殖します。カビ取り剤で除去しても浮遊しているカビ胞子から守らないとすぐに再発します。防カビコートとはその浮遊しているカビ胞子から大切なものをカビから守る技術です。

カビが生えやすい場所に対して防カビコートすることで、何度も再発していたカビが驚くほど生えなくなります。結果、衛生面が向上してカビ取り掃除が少なくなります。

■防カビコートの範囲

2箇所のクローゼットを防カビ加工しているシーン、これでカビ防止

※上記の画像はクローゼット2箇所です。引き出しの裏まで防カビコートします。

部分的防カビコートは、例えば「キッチン収納」と「押入れ」を1個所ずつ防カビコートする場合、20,000円+20,000円=40,000円(税込)です。

家によって様々な形があるため、以下に例を掲載しています。

部分的防カビコートの対象箇所例
ホコリ状の粉カビが大量発生した収納棚はカビ取りして防カビが必要

家の中で最もカビやすい無塗装の木材(建具に多い)、繊維合板(家具に多い)、ビニールクロス、窓の木枠、漆喰・珪藻土などの塗壁、畳・コンクリートなどがメインとなりますが、家によって様々な環境がありますので、上記以外の場所でもお気軽にご相談ください。

またカビが発生している場合は防カビコートをする前にカビ取り洗浄をする必要があるのでオプションの「カビ取り洗浄」を追加してください。

下記はあくまでも例として掲載しています。

ベッドフレーム
ベッドフレームの部分的防カビ加工

1つのダブルサイズベッドフレームまでが1箇所の基本料金です。ただし分解はしませんので裏側が防カビコートできる状態のベッドフレームに限ります。

押入れ/クローゼット
押入れ、クローゼットや棚のの部分的防カビ加工

画像の範囲までが1箇所の基本料金です。押入れは「天袋」「地袋」を含みます。ウォークインクローゼットは広いので追加料金が発生することがあります。

畳の部分的防カビ加工

3畳の表・裏までが1箇所の基本料金です。表のみ防カビコートをする場合は6畳まで対応できます。畳風のものは防カビコートできない場合があります。

ビニールクロス/塗り壁
ビニールクロス(壁紙)や塗壁のの部分的防カビ加工

壁紙や漆喰、珪藻土は畳のように移動させて裏表をカビ防止することができないため、畳6枚前後の範囲までを1箇所の基本料金で対応します。

窓の木枠
窓枠の部分的防カビ加工

画像の範囲までが1箇所の基本料金です。またゴムパッキン部分も対象範囲です。ガラス自体には防カビコートをしません。

チェストやタンスなど
タンスや収納棚の部分的防カビ加工

高さ150cm、幅100cm前後までが1箇所の基本料金です。棚の裏に使われている繊維合板がカビやすいため、すべて引き出して防カビコートします。

■当店よりお願いしたいこと

  • 電気・ガス・水道水を使用します。また予め小物類の移動をお願いします。
  • 作業時間は対象場所により変わりますが180分ほどを予定しています。カビ取り洗浄がある場合は+60分。
  • 当店は家具等の分解はしません。取り外せない部分の防カビコートはできません。
  • 部分的防カビコートは対象箇所に応じて注意点がありますので担当者がご案内します。
  • 「畳」以外のフローリング・クッションフロアなどの床材、家電は対象外です。
  • 鏡・ガラス・サッシ・金属類・屋外は対象外ですが窓の木枠は防カビコート範囲です。
  • カビによる劣化が酷い場合は作業を承れないことがあります。
  • カビ取り洗浄をご希望の場合、塩素系カビ取り剤を使用する場合があります。
  • 壁紙の張替え、ペンキの塗替えなど修繕は行っていません。

その他、防カビ施工全般の注意事項はこちら↗からご確認ください。当店のサービスエリアはこちら↗をご覧ください。

お気軽にご連絡ください

様々な注意点がありますが、当店スタッフが親切・丁寧に内容を整理してご案内しますのでお気軽にご相談ください。

またカビが発生している場合は防カビコートの前にカビ取り洗浄が必要なのでオプションの「カビ取り洗浄」を追加してください。

お気軽にお問い合わせください。090-3250-3814受付時間 12:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

作業中によりお電話に出れないことがあります。

予約から作業の流れと
除菌率99.9%

初めて防カビハウスクリーニング業者に依頼するお客様が多いため、以下に例を記載しています。お問い合わせいただきましたら状況や対象箇所の広さをお聞きします。

部分的防カビコートはお見積に伺いませんのでご予約・ご相談フォームに以下の写真を添付してください。

※ただし対象箇所が多い場合は機材の兼ね合いによりお伺いします。


  1. 対象箇所全体の写真
  2. 最もカビが発生している場所の写真
  3. 1と違う角度からの写真

※メールに写真を3枚添付することができます。※以下の例ではオプションの「カビ取り洗浄」を選んだ流れを掲載しています。

①写真を添付する
ご予約・ご相談フォームからじゅんせんどうに問い合わせ

お電話またはご予約・ご相談フォームからお問い合わせください。写真があるとスムーズに防カビコート日程を確保できます。

②料金をお伝えします
担当者が詳細を確認して料金や費用を説明します。

担当者が料金をお伝えします。サービスエリア内でしたら運搬費無料です。当店のサービスエリアはこちら↗

③小物類の移動をお願いします

対象箇所に収納されている小物類の移動をお願いします。当店は破損を避けるため小物類の移動はしません。

④洗浄と除菌でカビ類を除去
カビ取りをして殺菌や除菌をします。

オプションのカビ取り洗浄を追加した場合は、掃除機→カビ取り洗浄→除菌をします。これで防カビ剤が定着しやすいようにします。

⑤防カビコートPRO
強力な防カビ剤をスプレーしてコーティングします。

徹底的に乾燥させたのち、お客様の状況に合わせた防カビ剤で強力にカビを防止します。※防カビ剤は乾けば安全です。

⑥安全を確認して作業終了
養生を剥がして作業終了です。

安全のために設置した養生類を剥がして、高性能掃除機でホコリを回収します。安全を確保できたらお伝えします。※理由はこちら↗

カビ取り掃除が楽になる

一度でもカビが発生してしまうと色々な場所に転移するので大変なことになってしまいます。掃除も重労働です。しかし当店の防カビコートで劇的にカビが生えなくなるので、今まで大変な思いをしていたカビ取り掃除が楽になります。是非ともこの機会にご利用ください。

お気軽にお問い合わせください。090-3250-3814受付時間 12:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

作業中によりお電話に出れないことがあります。

お掃除が終わったら

■なぜカビは生えるのか?

なぜカビが生えるのか?それは空気中に浮遊しているから…

専用のカビ取り剤で何度もカビ取り掃除をしても生えてくる原因は「空気中にカビの胞子が浮遊しているから」です。通常は目に見えませんが、家の中はカビにとって住みやすい空間なので目視できるほど大きく成長します。

カビ取り剤で除去しても終わりではありません。空気中に浮遊しているカビ胞子が付着すると何度も何度もカビ取り掃除をする羽目になります。

その空気中のカビが付着しても成長できないようにするものが防カビ剤です。カビが付着しても防カビ剤の作用により住みにくいので成長することができません。

■部分的防カビコートのその後

水拭きや洗剤でお掃除すると防カビ剤が取れてしまう

防カビ剤は強力な吸着力で対象箇所の表面に付いています。ですが濡れた雑巾などでゴシゴシ擦ると取れてしまう場合があります。そのため部分的防カビコートをした部分は掃除機掛けまたは乾拭きで対応してください。

そもそもカビが発生する部分は、家具の裏など定期的に掃除できないような場所なのでカビが発生してしまうわけですが、「綺麗を維持したいから」といって水拭きしてしまうと防カビ剤が取れてカビが再発してしまう恐れがあります。

■防カビコートしていない場所は

その他の場所も防カビコートしたい…でもカビ取り業者や防カビ業者に頼み過ぎると料金がかかってしまう…。そのようなお悩みがありましたら当店の専用洗剤でカビ取り・防カビしましょう!

ご相談頂ければ最適な商品をご紹介します。

クーポンを発行しています

当店をご覧になったお客様限定で、純閃堂公式ネットショップで使える20%OFFクーポンを配布しています。お会計画面のクーポン欄に「JSD」と打ち込むと商品代金から20%OFFされます。※クーポンの詳細はこちら↗

カビ取り侍液スプレー500g標準タイプ
カビ取り侍液スプレー500g標準タイプ

白い布製品(レースカーテン、マットレスカバー、敷布団)、壁紙(ビニールクロス)、コンクリート面などのカビ取りに使える塩素系カビ取り剤です。費用を抑えたい人にお勧めです。

カビ取り侍液スプレー500g非塩素タイプ
カビ取り侍液スプレー500g非塩素タイプ

非塩素系のカビ取り剤です。主にワタ状のカビに使います。棚やベッドなどに使われている繊維合板に大量発生することがあるので非塩素系で安全にカビ取りしましょう!

防カビ侍アルコールタイプ350ml
防カビ侍アルコールタイプ350ml

家庭用の防カビ剤です。アルコールの除菌作用で細菌を除菌しながら防カビスプレーができます。業務用ほどではありませんが、うまく防カビできると年単位でカビの発生を防ぐことができます。

防カビ侍水性タイプ350g
防カビ侍水性タイプ350g

アルコールが苦手なワックスなどの塗装面でも使える水性タイプの防カビ剤です。除菌作用はないのでカビ取り剤や除菌剤でしっかりと除菌した後に使います。

before after

●埼玉県小川町の
部分的防カビコート

塗壁に発生したカビをご自身である程度まで除去した後に当店へ依頼。このカビはシミを作っているのでシミを取るにはカビ取り剤の作用が必要です。この現場ではオプションのカビ取り洗浄→除菌剤→防カビコートの順番で施工して綺麗にしました。こちらは2018年の施工をして2022年に撮影したものですが、現在もカビは発生していませんでした。

埼玉県小川町の部分的防カビ加工とカビ取り剤を使ったお掃除のbefore、after

●東京都板橋区の
部分的防カビコート

マンションの気密性を上げるリフォームをしたあとに室内でカビが発生。漆喰調ビニールクロスの裏側までカビが浸食していました。当店でオプションのカビ取り洗浄と防カビコートをしたのち、お客様ご自身で糊を付けて修繕されました。2018年9月に施工をしたお客様でお引越しの2021年までカビは発生していませんでした。

東京都板橋区の部分的防カビ加工とカビ取り剤を使ったお掃除のbefore、after

●神奈川県川崎市の
部分的防カビコート

窓に溜まったホコリを放置していたところ、ホコリ状のカビが発生。こちらのカビは人体に悪影響があるカビだったため、当店がオプションのカビ取り洗浄と除菌剤+防カビコートをしました。サービスエリア外からのご依頼でしたが喜んでいただけました。

神奈川県川崎市の部分的防カビ加工とカビ取り侍を使ったお掃除のbefore、after

カビに関連するブログ

■部分的防カビコートの注意点
  • 家具等の分解はしませんので、取り外せない部分の防カビコートはできません。
  • こちらのメニューはカビ取り洗浄が含まれていないのでご希望の場合はオプションからお選びください。
  • ベッドフレームやその他の家具は必要に応じて裏返しますが、破損の恐れがある場合は作業を承れません。
  • 鏡・ガラス・サッシ・金属類・大理石は対象外です。プラスチック・木材は素材によってお断りすることがあります。
  • 防カビ効果は塗布した部分に限ります。
  • カビによる劣化が酷い場合は作業を承れないことがあります。
  • 防カビコートにより塗料(ニス・ペンキ等)が剥がれる恐れがある場合はご相談します。
  • 壁紙の張替えやペンキの塗替え等の修繕は行っていません。
  • カビ取り洗浄をする場合は塩素系洗浄剤を使用することがあります。またカビによる素材の傷みでシミが残る場合があります。
  • カビではない結露のシミ、日焼け、電気焼け、その他強い着色があるシミは取れません。
  • 作業中はアルコール臭がしますので別室で待機をお願いします。多少の防カビ剤臭が長くて3日間ほど続く場合があります。
  • 防カビ効果は使用環境によって異なります。またゴシゴシ擦ると取れてしまう恐れがあります。

その他、全体的な注意事項はこちら↗をご覧ください。