除菌・抗菌された道具でハウスクリーニングをする(清潔感ある身だしなみ)

綺麗な道具でお掃除する

除菌・抗菌された道具で
お掃除する

夏場にタオルで手を拭いたとき、次の日にはツンとした悪臭がする…。お風呂掃除をしたのに2週間後には酸っぱい臭いがする…

それはご存じの通りタオルや浴室に残っていた雑菌または空気に漂っていた雑菌が付着して増殖した証拠です。

皆さんがハウスクリーニング業者にお掃除を依頼したときに用意した道具から、このような酸っぱい悪臭がしたらいかがでしょうか。

私は気分が悪くなってしまうので、この清掃業者には依頼したくありません。

■清掃業者の気になる点

皆さんは気にならない場合もあるかもしれませんが、私は以下のようなことが気になります。

  • お掃除道具が臭いと気分が悪くなる…
  • 靴下が真っ黒だと気持ちが悪い…
  • 清掃道具が汚いと心配になる…

依頼した場所を綺麗にしてくれるのは嬉しいですが…これでは心配になってしまいますよね。

では次に清掃道具が雑菌まみれだとどうなるのか見ていきましょう。

■雑菌は移動するのか?

内容が逸れてしまいますが、以下の画像をご覧ください。

キープストンの実験1
キープストーンの実験2
実験3

こちらは当店が防カビ加工した石(キープストーン)にカビと雑菌を滴下して7日間培養したときの写真です。

※最後は防カビ加工をした石を置いていない写真です。

こちらの写真では、防カビ加工した石に対して雑菌が嫌がり、石から最も遠いい部分に移動しています。

この画像からわかることは

雑菌は自ら最も過ごしやすい空間に移動することが分かりました。

上記の画像からわかるように、雑菌だらけの道具でハウスクリーニングをされるとその対象面に菌類が移動します。

その対象面が雑菌にとって居心地がいいと、瞬く間に異常増殖してしまうのです。

■除菌しないと意味がない

汚れと雑菌まみれのエアコンカバー

エアコンのカバーを外して道具で洗浄しています。

これほどの雑菌と汚れは水洗いした程度では到底洗い落とせません。また家庭用洗剤やエコ洗剤程度では雑菌を除菌することはできません。

食器用洗剤で除菌できるとしたら、スポンジから発生する悪臭は抑えられるはずですが、何度も使っていると耐性菌が増えるので悪臭を発生させます。


そのため洗剤を使ってお掃除するときは雑菌が除菌できる適切な洗浄剤を使う必要があります。


塩素で除菌した清掃道具
除菌した道具類

当店が細心の注意を払ってお掃除していることは、まずお客様の家に「雑菌を持ち込まないこと」です。

そしてお掃除をするときは汚れを落としながら「雑菌を正確に除菌」することです。それが洗剤を製造している立場の責任だと考えています。

お客様のカビ問題を解決することも重要ですが、当店が菌を持ち込まないことも重要なのです。

  • マスクとゴム手袋を着用する。
  • 清潔な靴下と室内履きで菌を持ち込まない。
  • 除菌された道具で清掃をする。
  • 退出するときに触れた部分を除菌。

お客様が安心して頼めるように努力し、最後まで心配事が起きないようにハウスクリーニングを徹底しています。

カビを持ち込んでしまうと…

もし清掃業者がエアコンクリーニング後にお客様に家に訪問してカビ胞子を持ち込んでしまい、さらにその胞子が繁殖しやすい木材に転移してしまうと…数か月後にはホコリ状の粉カビが対象発生して、その木材を廃棄+買い替えをしないといけません。

そのため清掃業者自身も正しく除菌して清潔するにすることが重要なのです。

以上が除菌された道具でハウスクリーニングをする理由です。

いつも当店のBLOGをご覧いただきましてありがとうございます。

今後とも純閃堂(じゅんせんどう)を宜しくお願いします。